公認モチベーション・マネジャー資格とは?

WHAT IS?

東京未来大学と株式会社リンクアンドモチベーションの共同開発により誕生したビジネス資格です。

当協会は2012年4月に、学校法人三幸学園と株式会社リンクアンドモチベーションによって設立されました。「公認モチベーション・マネジャー」資格を広めることを通し、モチベーションの社会的関心と重要性を高め、個人に気づき・キッカケを提供し、働きがい・生きがいある世の中づくりに貢献することを目的として活動を行っています。

  • 株式会社リンクアンドモチベーション
    代表取締役会長
    小笹芳央

    現在の経済状況の中、クリエイティビティやホスピタリティなど「人の力」が企業の成長には不可欠。中でも最も重要なのが、すべての成長エンジンであるモチベーション。
    そして、組織の管理者や経営者には、部下など他者のモチベーションをマネジメントする力も求められているのです。

  • 東京未来大学モチベーション行動科学部教授
    同大学学長
    角山剛

    「公認モチベーション・マネジャー」資格を取得することで、自らの仕事や役割に主体的に取り組めるようになるほか、高いコミュニケーション能力や対人関係スキルが身につき、メンバーを勇気づけながらチームを引っ張るリーダーになれるでしょう。

取得できる資格

BASIC

【対象】

・若手社会人(特に社会人1年目)

・自己の仕事の意味付け
・上司や同僚とのコミュニケーションの活性化

理論中心
自分自身に対するモチベーション・マネジメントを中心に、主に実践スキルを身につけます。


ADVANCED

試験コース(4理論講座)

【対象】

・組織管理者
・プロジェクト管理者

・部下のモチベーションUP
・組織内コミュニケーションの活性化

実践スキル中心
他者に対するモチベーション・マネジメントを中心に、主に実践スキルを身につけます。
半日(5時間)の講座で全23理論のうち4理論を学び、受講後に認定試験を受験します。

ADVANCED

【団体専用】認定コース(23理論講座)

【対象】

・組織管理者
・プロジェクト管理者

・部下のモチベーションUP
・組織内コミュニケーションの活性化

実践スキル中心
他者に対するモチベーション・マネジメントを中心に、主に実践スキルを身につけます。
4日間の講座で全23理論を学び、受講後にレポートを提出します。

PROFESSIONAL

現在準備中

「公認モチベーション・マネジャー」資格の中で最上位の資格であるProfessional資格は、経営者をはじめとするトップマネジメント層、経営コンサルタント、組織・人事コンサルタントを主な対象としています。組織に対するモチベーション・マネジメントを中心に、理論と実践スキルをバランスよく学びます。

合格者の声

年齢や性別を問わず、幅広い方が資格取得しています。

資格取得の目的

  • Ristorante & Bar BARATIE
    マネジャー

    古賀裕太郎さん

    Advanced資格認定コース

  • 株式会社 協栄サービス
    損害保険 代理店
    代表取締役社長

    山田真奈美さん

    Advanced資格認定コース

  • 花王ビジネスアソシエ株式会社

    駒沢紀明さん

    Advanced資格試験コース

  • 田辺三菱製薬株式会社
    人材育成グループ

    佐々木弘明さん

    Advanced資格試験コース

  • 社会保険労務士

    小林浩志さん

    Advanced資格認定コース

  • 株式会社IHI 横浜事業所
    健康支援センター
    産業医

    新見亮輔さん

    Advanced資格試験コース

過去問

「公認モチベーション・マネジャー」
Advanced資格認定試験 例題と解説

【例題1】以下の文章の空欄を埋めよ が提唱した自己効力感に影響する4つの要因のうち、影響が最も強いのがである。は大きな成功でなくてもよく、は課題達成へのモチベーションを高める上で有効である。
  • A:バンデューラ
  • B:直接の成功体験
  • C:スモールステップの原理
【例題2】以下のケースを読み、問いに答えよ。

<ケース>
以下は、広告会社の営業部門で働くAさんのマネジャーのコメントである。
「実は、私の部署のメンバーであるAさんのマネジメント方法について悩んでいます。
Aさんは非常に真面目でコツコツと実績を積んできた中堅社員です。新卒で入社してから今年で5年目となります。お客様に対する貢献したいという意識が高く、丁寧な仕事をするためお客様からの信頼が厚いのが特徴です。本人も今後は営業だけではなく、広告の企画・制作業務にも深く携わりたいと考えているようです。

業務知識の習得に関する意欲が高く、後輩からも頼られているため、彼には若手社員のロールモデルとして安定的に高い成果を出してほしいと期待しています。しかし、最近は目標の未達成が続いているんです。ひとつひとつの業務の質は高いため、その点は信頼できるのですが、数字面での営業成績が安定しないことにマネジャーとして悩んでいます。

期がスタートしてしまうと、中堅社員である彼よりも新人や若手のマネジメントに時間がかかってしまうため、期初の目標設定面談の中では、私がAさんに強く期待していることを伝えています。それでもAさんはどこか目標達成に対する執着心が弱いんですよね。目標数字についても彼の能力や経験を考えると十分達成可能性のある目標が設定できていると思っているのですが・・・。」

<問い>
あなたがAさんの上司だとしたら目標設定や管理の仕方をどのように工夫しますか?ロック・レイサムが提唱した「目標が効果的に機能するために必要な要素」を活用しながら、200文字以内で記載してください。
目標が効果的に機能するために必要な要素は次の4つ①目標の具体性と高さ②目標の受容度③フィードバック④目標のもつ価値や魅力。そこで各要素を考えて①Aさんの能力よりも少し高いレベルかつ具体的な目標を設定する。②更に丁寧に会社の期待を伝え、目標数字の根拠を理解して目標を受容できるように働きかける。③期がスタートしてからも、進捗状況を定期的にフィードバックし、目標達成を支援する。④目標達成がお客様の信頼感UPや本人のキャリアにもプラスに繋がる事を説明し目標のもつ価値や魅力を理解してもらう。

「公認モチベーション・マネジャー」
BASIC資格認定試験 例題と解説(旧テキストを使用した試験)

【例題1】
モチベーションをとらえる3つの手がかりとして正しいものはどれか。

1.方向性 行動持続性 活動性
2.活動性 柔軟性 強弱の変化
3.方向性 行動持続性 強弱の変化
4.行動持続性 柔軟性 活動性
5.行動持続性 強弱の変化 活動性
  • 解答 3
モチベーションを理解するうえでは、三つの要因がヒントになります。第一は、モチベーションには方向性があり、必ず何かの対象や目標に向かいます。~第二は、行動持続性です。モチベーションは目標に到着するまで行動を持続させます。~第三は、モチベーションが持続してい課程で強弱の変化があることです。 (テキスト1章P3 1-1)
【例題2】
目標設定のステップについての説明として不適切なものが2つある。それはどれか。

a ア.取り組むべき目的や課題を明確にすることが、目標設定の第一のステップである
イ.不平や混乱を避けるためには、成果や業績の測定方法については開示しない方がよい
ウ.どこまで求められるのか到達レベルを明示することが、モチベーション促進には効果がある
エ. 目標達成までの時間的な範囲を明示することは圧迫感を生みモチベーションの低下を招く
オ. 目標が複数ある場合には、重要度によって順位づけるとよい

1 2 3 4 5
ア・オ イ・エ ウ・エ エ・オ イ・ウ
  • 解答 2
下線が間違いの部分です。 〇ア.取り組むべき目的や課題を明確にすることが、目標設定の第一のステップである (テキスト 4章P69 ステップ1) ×イ.不平や混乱を避けるためには、成果や業績の測定方法については開示しない方がよい (テキスト4章 P69ステップ2)→成績や業績がどのように測定されるかを明確にする。 〇ウ.どこまで求められるのか到達レベルを明示することが、モチベーション促進には効果がある (テキスト4章P69 ステップ3) ×エ. 目標達成までの時間的な範囲を明示することは圧迫感を生みモチベーションの低下を招く (テキスト4章P69 ステップ4)→時間的な範囲を明確にする。 〇オ. 目標が複数ある場合には、重要度によって順位づけるとよい (テキスト 4章P69 ステップ5)→時間的な範囲を明確にする。

講師紹介

下記講師の他にも経験豊富な講師が資格講座の講師を勤めています。

よくある質問

  • Q
    Basic資格をとっていなくても、Advanced資格を受講・受験することはできますか?
    A
    はい、Advanced資格からの受講・受験も可能です。
  • Q
    どんな試験ですか?認定試験はどんな問題が出るのですか?
    A
    Basic資格の認定試験は選択式(マークシート)の筆記試験です(第13回試験まで)。
    第14回以降の新テキストによる試験は、記述論述形式となります。
    Advanced資格の認定試験は記述式・論述の筆記試験です。
  • Q
    Advanced資格試験の再受験は可能ですか?
    A
    可能です。詳細はAdvanced資格試験合否発表の際にご案内しております。
  • Q
    法人で団体受験・団体受講することはできますか?会場や費用はどうなるのでしょうか?
    A
    法人単位で団体受験・受講することはできます。
    会場は各法人様の会議室等で実施することも可能ですが、会場がご用意できない場合は、ご相談ください。費用、その他詳細につきましては協会まで直接お問い合わせください。
  • Q
    試験は年何回ありますか?
    A
    Basic資格、Advanced資格ともに、認定試験は年2回を予定しています。詳細が決まり次第、本サイト及びメールマガジンにてお知らせいたします。
  • Q
    テキストはインターネット以外で買えますか?
    A
    旧Basic資格テキストに関しては、Amazonからのご購入以外でも書店でご購入していただけます。協会では販売は行っておりませんのでご注意ください。
    第14回試験以降の新テキストはAmazonでのみご購入していただけます。 Advancerd資格に関しては、試験コース・認定コースともに、講座受講時にバインダーテキストと、副読本を差し上げています。

新着情報

ページトップ